木曜日にコンテンポラリーダンスの公演へ


FullSizeRender



けっこう長いショーで見ながらいろいろなことを考えた


どういう風に舞台で表現したらいいのかな、身体を使ったらいいのかな、というヒントを求めて、コンテンポラリーや表現系のワークショップを受けていた時期があった


ある武道系のワークショップを受けとき その日はコンテンポラリーダンサーの奥さまがアシスタントに入られていて そこで知り合った受講生のひとりが「好きな言葉はなんですか?」と聞くと、「う~ん、『覚悟』かな」と関西弁でおっしゃった とてもかっこいい女性だった


最近たまたま出会った別のコンテンポラリーダンサーは話の中で「なんならお客さんはいなくてもいい」と言っていた お客さんをないがしろにしているわけではないのだろうけど、ポツポツ喋る人でその場でその意図は確認出来なかった


わたしはお客さんがそこにいることが毎回チャレンジなので、その発言にはちょっと違和感を感じた また会ったら聞いてみよう



動くことで、踊ることで、生まれるエネルギー

とても大事  ダンスの根本じゃないかな


公演をみて、

ベリーダンスやベリーダンサーの良さを再認識したよ!ベリーダンス万歳!ベリーダンサー万歳!



おめあての知人、ヤマザキさんの作品はとてもよかった 

スピード感や勢いがあってポジティブ!

はじめのパートの日本の風土や土着感が感じられて阿波踊り(大好き)やどじょうすくいが浮かんだよ  土着の踊りのおとぼけ感(ユーモア)も感じられて面白かった!

そのあとのどのシーンもよかった





#proudtobeabellydancer #lovebellydance